Home > dicdicのコラム トップ > 005

思考停止に没入する日本企業

私の勤めている現場は、近く、大きなシステム更新を控え、 みな急がしそうにしています。

今時の企業人が仕事をする上で、非常に神経質になっているのが、 「コンプライアンス」という問題です。
このコンプライアンスが、「伝統」「効率」「低コスト」「時間短縮」「分かりやすさ」 「軽ストレス」よりも過剰に重視されているのが今の現場です。

今や、「法律遵守」という意味合いで使われることが多くなったこの 「コンプライアンス(以下"コンプラ")」ですが、本来の意味は、 「法令の背後にある『社会の要請』と,自分たちの活動との  関係を総合的に考えること」 郷原信郎 桐蔭横浜大学教授 となります。
ここで、「考えること」となっていることに留意したいと思います。

『社会の要請』の中には、顧客に対する良心的サービスも含まれていると 思います。もちろん、法律の許す範囲での話です。「コンプライアンスマニュアル」が 配布された時、その扉に書いてあった趣旨もこれと同様の内容でした。

そうです、あくまで「手段」として「コンプラ」なのです。

しかし今や、「それはコンプライアンス的にNGです。」という言葉を無批判に 受け入れるという状況にはまり込んでいます。郷原さんの言葉を借りれば、 コンプラは、いわば印籠として使われちゃってるところがあるわけです。  属人化を避け、しかも分業化を徹底する思想を盛り込んだコンプラは、 責任(をおっ被さる仕事)を避けるための口実としてはとても効果的です。

「まったぁ〜 ○○さん、そんなこと(コンプラ)言ってぇ、ホントは 仕事したくないだけなんじゃないのぉ〜?」 

なんて、たとえ冗談でもこんなことを口にしようものなら、大変な目に遭います。
このムードの中、だれもが「コンプラ」という印籠に閉口し、思考停止に陥って いるのです。

私が最近、これと同じ類いの厄介として気になっているのが、 「マニュアル至上主義」的な 発想です。

「書いてある通りにやれば間違いない」
  100歩ゆずって、これならまだいいでしょう。そこまで言うなら、   ハードコピー付きの美しい手順書を作ってあげましょう。   (感謝しろヨ)

「マニュアルは万能だ」
  そこまで言うか? 所詮は人間のやることだぜぇ。   時代が流れれば陳腐化もするだろうよ。

「手順書がないと引き受けられません」
  手順書があってもなくても、どっちにしたって、あんなみたいな   程度の人間には仕事は任せられません。


責任逃れの根性が、ここにも色濃く表れているように思えてなりません。

企業がマニュアルを導入するのは、低賃金で雇った労働者の仕事の成果に 正社員がやった仕事と同じクオリティを求めるときです。しかし、この徹底した マニュアル化がありとあらゆる業務に適用されるとき、業務は固定化し、 工夫がなくなり、発展もなくなります。

考えることを放棄させた現場組織は弱いということです。

マニュアルを引き継ぐとき、つまりレビューの段階で、字面を追っているだけだと、 その操作によって、「仕組みの内側」で何が起きているかが分からないままと なります。その状態を自分で是認していると思考停止となります。 そして事故が起こったとき、 「マニュアルに基づく作業の徹底を図ります。」 では、あまりにも情けないと思う。体外受精のような生命に関わる仕事なら、 マニュアルを軸として、個人の手先の器用さや、備忘や手順落ちを防ぐための 各人の独特の工夫が必要なのだと思う。そうした小さい努力が、やがて、 よりよい手順としての一般化へ繋がるのではないか。


B.ラッセルは、
ものを作る過程に喜びがある場合には必ずスタイルが生じ、したがって 生産活動自体が自ずと美的内容を持つに至る。 しかし、人間が機械に同化して 仕事の結果のみを重視してそれ自体を軽蔑するならば、スタイルは姿を消す。
  (参考:言葉の噛み応え)
と語った。かつては「社会の歯車」として生きることに不自然さを感じながら生きていた サラリーマンたちが、今時の世の中では、むしろその逆に、思考を停止させた ルーチンワークにコミットし、しかもそこに没入してほとんど違和感を感じていないという アイロニカルな現実から、私たちはいかにして脱することができるのか、悩ましいところです。

それでも私は、考えること、工夫すること、あえて違和感を感じることが、 いずれ大きな、よりよい価値の創造に結びつくはずだと信じたいです。
2009/02/25

←前の記事  次の記事→

Home > dicdicのコラム トップ > 005
inserted by FC2 system